河鹿荘とは 基本情報 施設案内 お部屋 河鹿荘トップページ 日帰り温泉 周辺観光 交通・アクセス ご予約
温泉について 貸切風呂 大浴場 お食事 エステルーム お土産 料金案内 お問合せ
公式HP限定ネット予約特典 フォトギャラリー 宿屋の一押し宿めぐり[一の宿倶楽部] インターネット予約
  年  
 

オーナープロフィール

1963年
(昭和38年)
山形県米沢市小野川町2430番地生まれ(生年月日:昭和38年10月13日)
1981年
(昭和56年)
山形県立米沢工業高等学校 卒業
1984年
(昭和59年)
日本ビジネススクール(観光科)卒業
同年7月 日本ヒルトンインターナショナル(現・東京ヒルトンホテル)入社。
・・・新宿のヒルトンホテルで、ルームサービスや配膳を担当した。この時、上司がアメリカ人だったことから、英語も習得。
5年間のホテル業務で、アメリカ流のサービス精神も身に付けた。
それは、一般の利用者から、VIPのお客まで、全ての人が満足できるような接客を心がけるということだった。
1988年
(昭和63年)
有限会社 河鹿荘 入社
1988年 実家である宿に帰ることとなる。東京で学んだ接客のノウハウを導入し、新しい風を吹き 込んだ。
1993年
(平成5年)
30歳で常務取締役に就任。
1998年
(平成10年)
35歳で専務取締役に就任。
この頃、小野川温泉全体では不景気の波が押し寄せ始めた。
1992年の28万人をピークに、バブル崩壊の煽りを受け、2001年には、19万人にまで減少。「河鹿荘」も経営不振の状態にまで落ち込んでしまったという。
2001年
(平成13年)4月
佐藤雄二さんが、満を持して四代目社長に就任。
そして、「先祖代々続けてきた宿を潰すわけにはいかない」との思いで、宿の改革を実行していく。
通常、宿を改善する際には、宿泊料金を変えたり、サービス内容の見直しといったところが相場。しかし、彼はそんな固定概念を持たなかった。
単純に考えれば、最も宿を苦しめているものは、銀行に借りた借金の金利である。高い金利を下げてもらうため、取引銀行との交渉に乗り出した。
当初は取り合ってくれなかったが、社長はゲリラ作戦に出る。宿のスタッフを銀行まで連れて行って、行員に対して営業活動を開始したのだ。
業務の妨げになることを恐れた支店長は、その後「河鹿荘さんの強い気持ちは理解しました」として、金利の引き下げを認める事となる。
また、この年に、鉄道会社・旅行会社の若手勉強会から、観光地開発を行いたいと小野川温泉にオファーがあった。
これを受け、旅館や商店の若手経営者が中心となる『小野川温泉観光「知」実行委員会』が発足。佐藤社長がその委員長に就任する。
地域を「知」り、観光に「知恵」を絞り、街作りを行うというのが、この会の合言葉。
これを機に小野川温泉が一致団結し、魅力ある街作りに協力しあうようになった。
この委員会での話し合いで、「お客様が旅館から出てもらうこと」、「町全体でホスピタリティーアップに努めること」という基本理念で、様々なアイデアが生まれた。そして、委員長である佐藤社長を中心にすぐさま実行に移していった。
そのいくつかを具体的に挙げていくと、まず、コマの形をした「夢ぐり手形」という「温泉入浴パスポート」を作成。
また、各旅館共通の下駄を用意し、温泉街を散歩してもらったり、木製のベンチと野立ての傘が置いてある休憩所「そぞろ歩きお休み処」も設けた。
面白いところでは、「何処でも出前」というサービスも実施した。
これは雪が降る時期以外の4月中旬~11月下旬で、街の飲食店に協力してもらい、出前スポットを温泉街5ヵ所に設け、携帯電話でオーダーすれば、米沢ラーメン、カツ丼、蕎麦などを、その場に届けてくれるというもの。
冬の間は、一部のエリアに“かまくら”を作って、そこが出前スポットとなるような、都会の人間からすれば楽しいサービスが実施された。
さらに、長年催されている「小野川温泉ほたるまつり」や、地域の人とお客が交流できる「朝市」の開催、温泉街散策マップの作成、散策に便利なレンタサイクルの無料貸出しなど、続々とサービスを提供していった。
そして、マスコミにも多く取り上げられるようになり、生まれ変わった小野川温泉は、逆に、全国の温泉地から注目されるようにもなったのだ。
2003年
(平成15年)
委員長を務めていた佐藤社長の功績が認められ、国土交通省が認定する「観光カリスマ」に選定される。
「天命と思わなければ、旅館業をやる資格がない」という社長は、熱いハートの持ち主。
思いついたら即行動する彼の実行力によって、小野川温泉全体が成長できたと言っても、言い過ぎではないだろう。
2005年
(平成17年)2月
この頃の佐藤社長を中心とした小野川温泉の奮闘は、テレビ朝日系列「素敵な宇宙船地球号」でも取り上げられ、話題となった。

2003年以降、佐藤社長は「地域中小企業サポーター」「地域活性化伝道師」など多くの肩書きを持つことになり、宿以外の仕事が随分と増えてしまった。
そうなると、本来の宿の運営やサービスはおろそかになってしまうのが常だが、奥さんで若女将の佐藤美江さんがしっかりと宿を支えているので、影響はないようだ。
また、最近では、佐藤社長の双子の兄である佐藤和宏さんが支配人を務め、宿を指揮し始めたので、いっそうサービス面での評価も高くなった。
佐藤支配人は、函館にある大型温泉ホテルで、取締役支配人を務めてきた経歴の持ち主。
公式HPも支配人が担当し、磐石な体制でお客を迎え入れられるようになった。

・・・このプロフィールページは「貸切温泉どっとこむ」の記事を追加して再構成させてさせていただきました。

 美しい四季折々の自然に囲まれ、心安らぐせせらぎの音をBGMに 源泉100%かけ流しで、小野小町伝説の美肌効果の温泉です。
米沢牛をメインとし地元の食材、そして旬にこだわった創作料理等々、 『逢いの宿』河鹿荘で季節の音・温泉・美味そして人との温かさに出逢い、 感動の旅の一時をお過ごしいただけますよう、心よりお待ち申し上げております。

小野川温泉 河鹿荘 若女将 佐藤 美江