河鹿荘とは 基本情報 施設案内 お部屋 河鹿荘トップページ 日帰り温泉 周辺観光 交通・アクセス ご予約
温泉について 貸切風呂 大浴場 お食事 エステルーム お土産 料金案内 お問合せ
公式HP限定ネット予約特典 フォトギャラリー 宿屋の一押し宿めぐり[一の宿倶楽部] インターネット予約
  年  
 

小野川温泉 河鹿荘とは・・・

  • 1.周辺環境と立地
  • 2.温泉郷としての魅力
  • 3.河鹿荘の魅力

1.周辺環境と立地


小野川温泉の街並み
山形県・小野川温泉は、山形県南部の地方都市・米沢市の奥座敷と呼ばれる場所。
米沢市は、福島県の会津地方と接する山形県の最南端にあり、人口およそ9万人。
山形県内陸部南部の置賜(おきたま)地方の中心都市だ。
いまや全国区のブランド牛となった「米沢牛」により、広く米沢の名前も広まっていった。
元々は、ホルモン焼肉店が多い土地柄だったが、最近では、その米沢牛をはじめ、山形牛を扱った焼肉店も多く出店しており、観光客を受け入れている。
そして、細打ち縮れ麺とあっさりとした醤油味のスープが特徴の「米沢ラーメン」も人気となっている。
ちなみに、札幌ラーメン、博多ラーメンと並び、日本三大ラーメンと呼ばれる「喜多方ラーメン」(太めの平打ち縮れ麺)がいただける福島県・喜多方市(会津盆地)は、米沢からクルマで1時間少々(約50km)の距離。

米沢盆地は、山形県の「母なる川」と称される最上川の源、福島県と県境でもある、吾妻連峰の裾野の北部に位置する。
市の最高地点は西吾妻山で、標高2,035m。
市街地は標高260mほどで、盆地特有の気候である。
冬の寒さは厳しく、特別豪雪地帯に指定されている。街の中心地でも、最高積雪深が1mに達するほどである。

米沢市から見て南側に広がる吾妻連峰は、その大部分が磐梯朝日国立公園に指定されており、四季折々の雄大な景観が楽しめる。
吾妻の山々には、白布、姥湯、大平、滑川、新高湯、五色、湯の沢、そして小野川と、豊富な温泉群がある。夏山の登山や冬のスキーなども楽しめるなど、自然の恵みは豊かな土地柄だ。

そんな自然たっぷりの地でありながら、意外にも米沢は首都圏からのアクセスがいい。
「山形新幹線」がおよそ1時間に1本運行されており、東京駅~米沢駅間の所要時間は乗り換えなしで約2時間10分と非常に便利。
クルマを利用であれば、埼玉県川口市から東北自動車道に乗り、4時間ほど(約300km)だ。

文・大竹仁一(温泉コム株式会社・代表取締役/「貸切温泉どっとこむ」主宰)